blvdlogo.jpg

http://www.w-linedistro.com/

PRODUCTS

自転車に乗ることがより楽しくなるデザイン、そして同時に機能を追求して生まれたのがこのblvd。
広い並木街路を意味するboulevardの略語がblvd、多くの人が行き交う大通り。

都市生活に欠かせない自転車をより楽しく!それがblvdのモットーです。

bombtrack_logo.jpg

http://bombtrack.com/

PRODUCTS

ヨーロッパ/ドイツよりハイクオリティーな製品をリリースするのがこのBOMBTRACK。

WETHEPEOPLE、ECLATなどBMXに馴染みの深いバイクカンパニー「WEMAKETHINGS社」が新たに興したバイクブランドです。

FIXED BIKEを中心に様々なジャンルのバイクやパーツをリリース。 シクロクロスやコミューターバイク等、多岐に渡るプロダクツを開発/製造しています。 特にFGFS関連のプロダクツは充実しており、完成車からパーツまで幅広く製品をリリース。

チームライダーはこちら


bmw_logo.jpg

http://www.brooklynmachineworks.com/

PRODUCTS

NEW YORK BROOKLYNに工房を構え、品質の高い製品を生み出しているのがBROOKLYN MACHINE WORKS

創立者でもあるJoeは90年代前半、STACK TRIALと呼ばれるMTBレースに熱中しながら BROOKLYN MACHINE WORKの工房にて、アート、彫刻、カスタムメイド家具を作るのが仕事でした。

そのかたわら、趣味でもあったMTBのパーツなどを同工房にて製作してしていました。
1994年、趣味の延長から一台目となるPARK BIKEが誕生。 翌年95年BMXが完成。
ニューヨーク育ちのJoeの友人で幼なじみでもある Beastie BoysのAdam Yauch(MCA)の協力の元に1996年BROOKLYN MACHINE WORKを創立しました。

MADE IN NYCでオリジナルフレームをオーダーできるとの噂が、ニューヨークストリートシーンのキーパーソン達に広まり数々の作品が生まれ、すぐにその噂は世界中へと渡りました。

日本に初めて入って来たのは今から14年前。最初に日本に到着した一台目はPARK BIKE。

その当時日本でもNYCの噂が広まりBROOKLYN MACHINE WORKSを競う様にカスタムした 個性のあるBROOKLYN MACHINE WORKSをよく見かけたものです。

現在はその当時のものとは異なりますが、BROOKLYN MACHINE WORKSはPARK BIKEから生まれたのです。

BROOKLYN MACHINE WORKSは現在も強靭な4130 CR-MOパイプをフレームに用いた、高強度なアメリカンフレームやCNCマシーンを使用した削りだしの部品が得意。

現在もストリートで生まれたものをベースに進化し続けてます。

durcusonelogo.jpg

http://www.durcus-one.com/

PRODUCTS

東京ストリートから発信される、リアルな情報を元にアイテムをリリースするのがこのDURCUS ONE BIKES

多くのブランドがジャンルやカテゴリーを限定したもの造りをする中、DURCUS ONEはカテゴリーには捕らわれず、自分達のやりたいことや作りたいものなど様々なカテゴリーのプロダクツなどをリリースするのが特長。

またレースなどの競技では生まれない普段のライフスタイルをブランドイメージに掲げる一風変わったブランド。

チームライダーはこちら

fullwindosor_logo.jpg

http://www.full-windsor.com/

PRODUCTS

イギリス・ロンドン在住のプロダクツデザイナーでサイクリストである"Mark Winsor"が手掛けるのがこの"FULL WINDSOR"。

デザインに優れているのはもちろん、機能性が盛り込まれた製品が特長。

holdfast_logo.jpg

http://holdfastordie.com/

PRODUCTS

多くのメーカーがコピーを作っているペダルストラップの元祖がこのHOLDFAST。
ミリタリースペックのパラシュートなど、決して間違いが起こってはいけない製品を手掛ける職人(おばちゃん)が一個一個丁寧に縫製をしています。

効率やコストなどを度外視したもの造りが特長。

hirl_logo.jpg

http://www.w-linedistro.com/

PRODUCTS

HOW I ROLLは、ジャンルを問わず現存した様々な自転車カルチャーをミキシングし、HOW I ROLLという独自の基準を満たした自転車を提案することをコンセプトに掲げるちょっと変わった自転車メーカーです。

HOW I ROLL =自分のスタイル= あなたのスタイル
もの・ことのルーツを守りつつ誕生する自転車達。

その自転車に乗り手が加わることで新しいスタイルに生まれ変わる。
THIS IS HOW I ROLL.
ENJOY!

linus.logo.jpg

http://www.linusbike.com/

PRODUCTS

"Linus Bikes"は2009年CaliforniaのVenice BeachでAdam McDermott氏とChad Kushner氏により誕生した自転車ブランドです。

二人は高校時代からの友達で、世界中を旅しヨーロッパやアジアのクラッシックなヴィンテージバイクににインスパイアーを受けました。

そして自分たちが住むアメリカにもこんなおしゃれな自転車があったらという思いから、クラッシックなヴィンテージバイクを自分たちで作りあげました。

パリの50年、60年代の映画を思い出させる様なヴィンテージスタイルバイクはクラッシックでシンプル。

lucetta_logo.jpg

https://www.palomarweb.com

PRODUCTS

イタリア・フィレンツェに本拠地を置きデザインに優れたアイテムをリリースするのがPALOMAR 。その自転車用アイテムがLUCETTAです。

斬新でスタイリッシュな雑貨を提案するPALOMARですが、このLUCETTAのライトはデザインだけでなく、機能性でも高い評価を得ています。

skyway.logo.jpg

http://www.skywaywheels.com/

PRODUCTS

今でこそスポークホイールが主流ですが、80年代タフホイールと呼ばれる強化プラスチック製のホイールがBMXキッズに愛され、BMXのフリースタイルが流行ると同時に全世界のキッズに浸透しました。

当時の写真などを見ると外せないアイテムだったのが伺い知れます。 タフホイールでしかできないトリックなどもありました。

その後、主流はスポークホイールへ......

一時は全く姿を消していたSKYWAYですが、現在はホイールチェアー用のプラスチックホイールなどをマイペースで作り続けています。

当時を知る方や80'sの雰囲気が好きな方など、性能だけで物事を語れないオールドBMXを組み上げる際に重宝されてます。未だにMADE IN USA、カリフォルニアで製造されてます。

victorielogo.jpg

http://www.victoire-cycles.com/

PRODUCTS

"Victoire Cycle"は、2011年にフランスのサイクルパーツ専門として設立された新しいカンパニーです。

"Victoire Cycle"は自転車のみならず、多種多様なジャンルのスタッフが集まって創設された会社で様々な自転車分野のスペシャリストの集合体。

スタートは彼らの共通の趣味である Fixed ギアのの小さなコミュニティー。 トライアスロンやBMXなど本格的なアスリートそして、プロメカニックが集まった新しい形態の自転車カンパニーです。

全ての商品は、企画、デザイン、生産までミシュランタイヤの本社もある フランス/クレルモン・フェラン(Clermont-Ferrand)で全て行れ、設計の基本概念は" 他社ではまねできない製品 "
工具まで納得いく物がなければ作り上げてします徹底ぶり。