PEOPLE

DURCUS ONE GUM BALL by JP

DURCUS ONEのTEAMライダーのJPより、最新の画像が届きました。


彼の愛車はもちろんDURCUS ONE GUM BALL
日頃のメッセンジャー業務はもちろん、最近ではCXレースにもこれで参戦するツワモノ。


BOMBTRACKのサポートライダーYUKIと同じメッセンジャーカンパニーHÜBNERが所属会社。
東京を中心にデリバリー業務を行ってます。


雨の日も雪の日も!
街で見かけたら是非一声かけてみてください!!!


2015_11_27_press-1.jpg

2016 NEEDLE by YUKI

2016年11月より、BOMBTRACK JAPANライダーとなったYUKIBOMBTRACK NEEDLEです。


メッセンジャー業務で毎日NEEDLEを使用しているYUKI。Reynolds社の725クロモリチューブとカーボンフォークで乗り心地も良好と満足している様子です。


フロントには大きな荷物も運べるようにキャリアを取り付け済み。またバーもストレートなものへ変更。
彼女はHÜBNERというメッセンジャーカンパニーで毎日都内を走り回ってます。見かけたらぜひ声をかけてみてください。


2015_10_30_yuki_1.jpg


2015_10_30_yuki_3.jpg

DURCUS ONE RECTUS 14インチ by SAKURA


大好評を得ているDURCUS ONEの軽量キッズバイク"RECTUS 14インチ"ですが、現在一番のハードユーザーとも言えるSAKURAさんより、このバイクに関する貴重なインプレッションが届きました。


SAKURAさん現在7歳。
大人に比べて体力が少ないSAKURAさんにとって、軽量な14インチがバッチリとフィットしている様です。


DURCUS ONE RECTUS 14インチは、W-LINE distributionの私達が設計やパーツ選びをして作りあげたのですが、正直なところ自分達が乗ってテストが全くできませんでした。強度テストなどは耐震テスターにかけ行ってますが、実際の乗り味は小さ過ぎて乗って感じることができません。


今回のインプレッションは、これから"RECTUS 14インチ"を購入する方にとっても、私達にとっても大変ありがたいこと!


ぜひ以下のSAKURAさんのインプレをチェックして下さい!インプレッション下部には彼女のプロフィールもありますのでそちらもご覧下さい。なお今回はSAKURAさんのお父さんが、彼女にかわりインプレを書いていただいてます。


インプレッションは以下になります!



DURCUS ONE RECTUS 14インチでBMXを楽しんでいる杉尾咲空(SAKURA) 7歳です。


このRECTUS 14インチとの出会いは、2013年の12月になります。
その頃SAKURAは幼稚園の年長さんでした。


SAKURAは3歳から12インチのBMXにのり、スケートパークでトリックの練習をしておりました。身長が100センチを越え始めた頃から12インチより上のサイズへのステップアップを意識し始めましたが、当時は12インチの次は16インチのBMXしかないという状態でした。


スケートパークで出会うお兄ちゃん達(小学3年生くらい)に16インチのBMXを貸してもらい試乗するも、12インチではクリアできるセクションも、大きな16インチBMXではクリアどころか、乗るのも一苦労といった感じで12インチから16インチへの移行をどうすべきか悩んでいた時期でもありました。
(せっかく楽しくなってきたBMXが、サイズの合わないBMXになると乗りこなせない事で面白くなくなってしまうようでした)


そんな時に出会ったのがRECTUS14インチです。


sakura.jpg


実物を見て触って驚いたのがその軽さです。
当時5歳のSAKURAは重たいスチール製の12インチBMX(重量 約8.5Kg)を持ち上げるのがやっとでしたが、RECTUS14インチはアルミフレームであり軽量ですので楽々持ち上げることが出来ました。


また、このRECTUS14インチはフレームのバランスが良いからだと思いますがジャンプをしてもバランスを崩しにくくなりました。


jump.jpg


そして身長が110センチになった現在もBMXを楽しんでいます。
BMXを選ぶ時には、体のサイズにあったもの、重量軽いものを選ぶ事がとても大事かと思います。


このRECTUS 14インチはハードなパークライドから、街乗りまで幅広く対応できる商品だと思います。


Speedwall.jpg


-最新ライディング映像(2015年4月)


★SAKURAさんプロフィール★
生年月:2008年2月
身長:110センチ(2015年4月現在)
体重:19Kg(2015年4月現在)


★SAKURAさんスポンサー★
IMPERIAL RE3X
AIRWALK
DEGRELATE

ブログ:http://kidsbmx.blogspot.jp/




DURCUS ONEではこの他にさらに小さいお子様に向け、同じく軽量な12インチモデルもございます。こちらも14インチ共々よろしくお願いします。


アンナちゃん/DURCUS ONE RECTUS-16


ハットにオーバーオールとお洒落でかわいいファッションで登場してくれたのが
熊本在住のアンナちゃん。


熊本でLINUSなどのW-LINE distributionの製品を取り扱っている
ディーラーショップ"HARBEE'S GENERAL STORE" オーナー岩根さんのお子さんです。
そのアンナちゃんが愛用してくれているのが、少し前までリリースされていたDURCUS ONE RECTUS 16インチ。


この自転車、現在は発売をしていないのですが、現行RECTUSと同様のアルミフレームのキッズBMX。アルミ素材をフレームとハンドル、シートポストに採用しているのでかなり軽量です。


2015_3_10_press-1.jpeg


けっこうガンガン乗り回しているらしく
カメラ目線+片手運転=余裕のピースサインがかわいいアンナちゃん。
これからどんな自転車乗りになっていってくれるのでしょうか。
将来が楽しみです。
これからもガンガン乗り倒しちゃって下さい!


2015_3_10_press-2.jpeg


ひとみさん/LINUS DUTCHI-1


2015年モデルより取り扱いを開始したDUTCHI-1
それを素早く購入してくれたのは、東京在住のひとみさん


2015_2_16_people-1.jpg


キュートなルックスな DUTCHI-1に一目惚れして購入を決定!
今後はフロントにバスケットを装着予定なので、ライナスのヘッドランプはハンドルバーにマウントしています。


2015_2_16_people-2.jpg


まだ購入後、間もないのでそこまで沢山乗ってないそうですが、ショッピングなど普段の足として活用してくれているようです。

櫛山さん/LINUS BIKE Mixte 3


東京在住の櫛山さん
01.jpg


普段の足して自転車を物色中に、クラシックなデザインとカラーに一目惚れ。
自転車は、人気が上がっているLINUS BIKE Mixte 3を購入。足付き性を重視してSサイズ。


普段は、都内でOLをする櫛山さんだが、やはりママチャリだと何も気にしなくて乗れるのは良いが、デザインが。。。
デザインと乗りやすさのを両立するのを探している時に丁度彼女の目に留まったのがこの一台。
ライトも砲弾型のクラシックなテイストをチョイス。

軽い坂道でも内装ギア(3段変速)が付いてるのも気に入った理由の一つらしい。
非常に気に入っており、購入して以来自転車に乗るのが非常に楽しくなったそうだ。


02.jpg

MARCO/BOMBTRACK DASH


W-LINE distributionで新たに扱いを開始したドイツの自転車ブランド"BOMBTRACK" 。


今回紹介するバイク&ピープルは"BOMBTRACK" の日本人サポートライダーとしてワールドチームに在籍が決定したMARCOと彼の愛機2014年モデルのDASHです。


"BOMBTRACK"は走りのピストからコミューターバイク、そしてMARCOの乗るトリックバイク等多彩なラインナップが特長。そして2014年モデルのDASHはドイツの質実剛健な物造りの象徴の様なバイクです。


MARCOは基本のパーツなどはそのままに体に直接触れるグリップやペダルやポジションを大きく左右するステムをチェンジ。ペダルとステムには同じくドイツのブランド"eclat"をチョイス。ペダルストラップはMADE IN USAに拘り高品質なストラップ等をリリースする"HOLDFAST"を使用。


強度を求められるホイールなども全てノーマル。
買ってすぐにエリートレベルのライディングが可能なハイスペックバイクです。
すでにトリックライディングをしている人も、これからチャレンジしようとしている方にも安心して薦められるバイクに最初の状態から仕上っているとのことです。


2014.9.16.people-1.jpg


2014.9.16.people-2.jpg


2014.9.16.people-3.jpg


2014.9.16.people-4.jpg

森田さん/HOW I ROLL x T19 24 BMX


大阪からのエントリーの森田さん。
HOW I ROLL とスケートボードブランドT19のコラボレーションBMXをフルカスタムした車両です。


ホイール関係には80年代にBMXライダー達の間で人気沸騰したSKYWAY TUFF WHEELのレトロバージョンをセレクト。クランクにもPROFILEのこれまた40周年アニバーサリーのクランクをセット。他の部分もVINTAGE BMXのパーツを多用し、誰もが羨むバイクに仕上ってます。


森田さん、実はW-LINEのディーラーショップのストアマネジャー。
納得の仕上がりですね!!!


2014.9.12.news-1.jpg


2014.9.12.news-2.jpg


2014.9.12.news-3.jpg


隼平さん/DURCUS ONE "GUM BALL"


書類など自転車で運べるものをクイックに配送してくれるメッセンジャー。
そのメッセンジャー会社"T-serv"に所属し、毎日多くの企業などにデリバリーをこなす隼平さん。


その日々のデリバリーにはDURCUS ONEの"GUM BALL"を使ってくれています。
1stモデルの車体にクランクや足回りをカスタム。
クランクにはFIXED BIKEの定番クランクSRAM社のOMNIUMをセット。


闇雲にディープリムや見かけだけのパーツに変更されてないあたりに好感が持てます。
リアルなメッセンジャースタイルのバイクに仕上げたい方はぜひご参考に!!!


2014.7.14.people-1.jpg

Shoe-gさん/DURCUS ONE "MASTER"


ニ児のパパであり、日本を代表するBMXライダーの植山Shoe-gさん。


現在は様々な自身の経験を生かし、外資のソフトウェアメーカーにてデジタルマーケティングをバリバリこなすビジネスマンです。そのShoe-gさんが自宅の東京目黒より都心中心部まで毎日使うコミューターとして選んでくれたのがDURCUS ONEのMASTER


以前はロードバイクで通勤をしていたそうですが、現在はシンプルなルックスのMASTERでマイペースな通勤を楽しんでいるそうです。嬉しい限りです。ぜひ皆さんもMASTERで快適で楽しい通勤を!!!


植山Shoe-gさんのブログ(www.shoe-g.com)はこちら


2014.6.3.news-1.jpg

1 | 2 | 3

TOPICS